真性包茎によって見た目に対するコンプレックスが強い

包茎によってコンプレックスを抱えている男性は多くいますが、包茎自体にも様々な種類があります。
包茎であっても普段の生活で注意することで、さほど気にならない人もいれば大きなコンプレックスといて悩んでしまう場合も多いです。
特に包茎の中でも真性包茎は通常時だけでなく、勃起した時でも亀頭が全く露出する事ができない包茎となります。
小学生など子供の場合は皮をかぶっている状態が普通のため問題はありませんが、中学生や高校生と成長する上で亀頭がまったく露出しない状態に恥ずかしいという気持ちを強くもつ事が多いです。
そのため修学旅行やプールの着替えなど、他の人に見られたら嫌だという気持ちが強くなり、結果として強いコンプレックスを抱えてしまう理由の1つといえます。
真性包茎は手術をしない限り改善する事はなく放置するおとで衛生面だけでなく病気のリスクも高めてしまうため、出来るだけ早く包茎手術を行う事が重要な症状といえます。

真性包茎の場合は性交する際の不安が大きい事が多い

真性包茎の状態のままに成長していくと、様々な注意点が出てきます。
亀頭が待った露出しない事で衛生面が悪く、臭いといった問題も抱えてしまう事が多いです。
また大人になれば女性とお付き合いをする機会も増えてきますが、その際に性交時の不安も大きくなる要因の1つとなります。
真性包茎の場合は勃起した状態でも亀頭が露出しないので、女性に対して満足してもらえるかどうかが不安になります。
刺激が鈍い事でなかなか射精出来なかったり、痛みによって性交自体を満足に行う事が難しい場合も多いです。
男性にとって性交は女性よりリードしなくてはという気持ちが強く働くので、結果として大きなコンプレックスへと繋がる理由となります。
真性包茎だからこそみられる事に恐怖してしまい性交にも消極的になることで、気持ち的にも自信が持てず悪循環です。
真性包茎であれば手術で改善する事ができるので、包茎手術を行い自らの自信を取り戻す事が重要といえます。

まとめ

包茎にも様々な種類がありますが、種類毎に抱える悩みも大きく異なります。
また真性包茎であっても商用は人それぞれ違いがあり、中には勃起しただけで痛みが伴い辛い思いをする人もいます。
人に話す事が出来ない悩みほど自分で抱え込んでしまい、心に大きな負担となるコンプレックスになってしまう可能性が高いです。
1人で悩むのではなく中学生や高校生であれば同性である父親などに相談することで、早急に解決のために動く事ができ手術などで改善する事に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。