治療によって改善するのが確実

真性包茎は生まれ持った体質であったり、成長する段階で上手く包皮を剥くことができなかったりなど、色々な理由があります。
そんな真性包茎は子どもっぽい見た目をしている、ちゃんと勃起させることができないといった理由で、コンプレックスになることが少なくありません。
性行為の際にパートナーに笑われたり、公衆浴場などで他の人に見られないように隠したりした人もいるでしょう。
そんな真性包茎のコンプレックスを解消するためには、手術によって改善してしまうのが手っ取り早いです。

真性包茎は決して改善できない症状ではなく、手術によって亀頭に被っている包皮を取り除くことが可能です。
その治療を受ければ、真性包茎のコンプレックスを感じることもなくなるはずです。
また真性包茎は健康に危険を及ぼす恐れがあるということで、治療に保険適用が可能です。
したがってコンプレックス解消のための費用も、そこまでかかりません。

自力では絶対に改善しようとしないこと

真性包茎のコンプレックスを解消する際の注意点としては、自分で対処しようとしてはいけないことが挙げられます。
性器を他の人に見られたくないということで、治療を受けるのに抵抗感を抱く人もいるでしょう。
そのような人は自分で亀頭に被っている包皮を剥こうとするかもしれません。
しかしそれをしてしまうと、より大きな問題に発展する恐れがあります。

よくあるのがカントン包茎で、剥いた包皮が亀頭の根元を締め付けてしまうパターンです。
真性包茎は包皮の口が小さく窄まっている形で、それは簡単に広がりません。
そして亀頭の根元はキノコの傘のようになっているため、包皮の口がしっかり合ってしまいます。
そうすると元の状態に戻すこともできず、改善にもならないというカントン包茎の状態となります。
それは性器の血流も悪化させるため、非常に危険です。
また真性包茎は亀頭と包皮の組織が癒着していることも多いため、無理に向こうとすると出血する恐れがあります。
そのような問題があるため、決して自分で対策をしてはいけません。

まとめ

真性包茎がコンプレックスになっているという男性は、決して少なくはないでしょう。
そして誰でも自分の性器を、医師であっても他人には見せたくないはずです。
しかしだからといって自分で対策を使用とすると、最悪の場合は性器が壊死しかねません。
そのためコンプレックスを解消したいのであれば、ちゃんとした治療を受けるようにしましょう。
真性包茎の治療を担当している医師は色々な注意点を把握しているはずなので、しっかりとサポートしてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。