真性包茎のコンプレックスと知識

男性は身体的なことや容姿など、女性に比べればコンプレックスを感じにくいと言われております。
しかし近年では美醜感覚の変化など、時代に伴って男性の中でもコンプレックスを意識する人が多くなってきたことも事実です。
より美しくなりたいということは、女性だけではなく男性の価値観になってきました。

男性の抱える身体的なコンプレックスには、男性器の大きさや形などもあります。
とくに包茎に関して悩む人も少なくなく、仮性包茎や真性包茎やカントン包茎などについて、コンプレックスを抱えている人も多くいるのです。

真性包茎は海綿体に血流が流れ込んで勃起しても、包皮が剥け切らずに亀頭全て露出しない状態のことを言います。
軽度の場合では治療が必要ありませんが、性交痛や婚活などを考える時には治療が必要だと知識として覚えておくのがいいかもしれません。
真性包茎の場合には保険適用で治療出来るケースがあるために、費用的な心配はそれほど必要ではないのです。

真性包茎の自己判断の仕方について

包茎にはいくつか種類がありますが、深刻度においては基本的に仮性包茎から真性包茎、さらにカントン包茎になる程症状が重いことが特徴です。
しかし完全に症状が分かれているわけではなく、仮性包茎でも真性包茎と判断されるケースもあったり、真性包茎でも勃起時には尿道口が見えるなどの軽度のケースもありますので、個人差によるケースバイケースがあると言えます。

真性包茎の判断としては、興奮時に海綿体に血液が流れてから、自分の男性器がどんな状態になっているか観察することが必要です。
基本時には包皮に覆われていても、勃起状態で自然と外側に押し出されて、男性器のカリ部分まで包皮が後退するのならば仮性包茎になります。
自分で皮部分を外側に向ける場合も仮性包茎と言ってもいいでしょう。

勃起時に皮を完全に剥くことが出来ない場合や、剝いても直ぐに亀頭部を覆ってしまうなどの、包皮の戻りがある場合には真性包茎に分類されます。
あくまでも自己判断になりますので、詳細はクリニックで専門医に判断してもらう必要があります。

まとめ

包茎によって感じるコンプレックスで、恋愛から遠ざかってしまうことは珍しくありません。
しかし正しい知識を身に付けておけば、心配することはありません。

軽度の場合では外科手術も必要ありませんし、性交によって子供をもうけることだって可能です。
真性包茎やカントン包茎に関しては、保険適用の手術が出来るケースもありますので、専門病院などで相談をすることがおすすめになります。
仮性包茎も自費による治療が出来ますので、診察で手術の必要性を相談してみることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。